パンフレットに最適な中綴じ印刷を作ろう!

カラーチャート

イメージに合ったものを

ウーマン

渡す相手を絞る

企業のアピールとして様々な販促品が用いられてます。どんなものでも良いのかというと、そうではありません。販促品は、企業名を入れることで名前を知ってもらったり、覚えてもらったりする物です。重要なことですが、あまりコストをかけるわけにはいかないため、企業イメージとあった品物を用意する必要があるのです。販促品を渡す相手の年齢やどのような立場なのかなどをきちんと絞る必要があります。ここがミスマッチしていると使われることがなく、販促品の効果がなくなってしまいます。もう一つポイントがあり、持ち運べるサイズがどうかです。持ち運べるサイズにすると、外回りでも販促品を渡しやすくなります。販促品として人気なのが、ボールペン、クリアファイル、ポケットティッシュです。これらは、定番となっていますが、デザインを考慮することでより利用してもらえるようになります。特にクリアファイルは、印刷によって自由にデザインをすることができます。社名が印刷してあるだけよりも、目を引くデザインの方が手にしてもらいやすいのです。このような販促品の準備は、専門店に依頼することができます。とても様々な種類の品物があり、年齢や性別に合わせたものが紹介されています。販促には、チラシやのぼり、POPなども含まれているので、何が一番効果があるのかなどを、専門店に相談してみるも良いでしょう。コストなどから、その企業に適した販促品を使用するのが一番効果的です。